▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『ヴィクトリアの滝(モシ・オ・トゥニャ)』(ザンビア共和国/ジンバブエ共和国) 】
『ヴィクトリアの滝(モシ・オ・トゥニャ)』(ザンビア共和国/ジンバブエ共和国)
ヴィクトリアの滝の上流と下流で魚の種類が違うのはなぜでしょうか?

【 1 】 魚が滝を越えられないため
【 2 】 国により保護対象が違うため
【 3 】 密漁が横行しているため
【 4 】 上流には魚を狙う鷹が生息するため

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 1 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 68 %

解説
ザンベジ川が大地の割れ目に、ものすごい轟音と共に流れ落ちるヴィクトリアの滝=写真=は、落差が150mほどもあります。そのため魚はこの滝を登ることができず、また滝から落ちては死んでしまうため、滝の上流と下流で全く違う種類の魚が確認されているのです。
ヴィクトリアの滝の水量は、雨期だと毎分5億リットルにもなります。1855年にこの滝を訪れたイギリスの探検家リヴィングストンは、この滝の大きさに感動し、母国のヴィクトリア女王にちなんで「ヴィクトリアの滝」と命名しました。現地のマコロロ族はこの滝を「モシ・オ・トゥニャ(ごう音を響かせる水煙)」と呼んでおり、現在のユネスコでは主にその名が使われています。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方