▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『ヴェルサイユ宮殿と庭園』(フランス共和国) 】
『ヴェルサイユ宮殿と庭園』(フランス共和国)
マリー・アントワネットはどの家系の出身でしょうか?

【 1 】 イタリアのスフォルツァ家
【 2 】 フランスのブルボン家
【 3 】 英国のウィンザー家
【 4 】 オーストリアのハプスブルク家

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 4 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 80 %

解説
後のフランス国王ルイ16世のもとに、14歳で嫁いだマリー・アントワネット(写真)は、オーストリアのハプスブルク家の出身です。フランス語もまだ上手に喋れず、宮廷でのふるまいも完全に学び終えずに嫁いだ娘を、母であるマリア・テレジアは心配して、度々手紙を送って様子を気にかけていました。マリー・アントワネットとルイ16世が盛大な結婚式を挙げ、結婚生活を送ったのがヴェルサイユ宮殿です。ルイ14世が築いたこの宮殿は、フランス王国の贅沢の限りを尽くした、豪華絢爛なものでした。しかし、宮殿が完成した頃からフランス王国の勢いは陰りを見せ始め、フランス革命が起こるとヴェルサイユ宮殿を逃れたマリー・アントワネットとルイ16世は捕らえられて、ふたりともギロチンによって処刑されました。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方