▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『チェスキー・クルムロフの歴史地区』(チェコ共和国) 】
『チェスキー・クルムロフの歴史地区』(チェコ共和国)
チェスキー・クルムロフにルーツをもつ画家は誰でしょうか。

【 1 】 エゴン・シーレ
【 2 】 グスタフ・クリムト
【 3 】 パブロ・ピカソ
【 4 】 ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 1 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 26 %

解説
ヴルタヴァ(モルダウ)川沿岸のチェスキー・クルムロフ=写真=は、中世以来のボヘミアの街並みを残す美しい小都市です。この街は、第二次世界大戦中ナチス・ドイツに占領されていましたが、戦後にチェコスロバキアが独立を回復すると、ドイツ系住民は市民権と財産を奪われて追放され、ドイツ系住民の多かったチェスキー・クルムロフは一時荒れ果てました。共産主義からも価値を否定された街の復興が始まるのは、1968年の「プラハの春」以降です。
チェスキー・クルムロフには、かつて交通の要衝として発展した街並みや、代々の領主の居城であったチェスキー・クルムロフ城などが残されています。オーストリアの画家エゴン・シーレも、母の故郷であるこの街を愛しました。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方