▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『ラパ・ニュイ国立公園』(チリ共和国) 】
『ラパ・ニュイ国立公園』(チリ共和国)
ラパ・ニュイでかつて行われた「フリ・モアイ」とは何でしょうか?

【 1 】 部族同士のモアイ像の倒しあい
【 2 】 マケマケ神をまつる儀式
【 3 】 モアイ像の開眼式
【 4 】 モアイ像を担いで練り歩く大行進

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 1 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 55 %

解説
 巨大なモアイ像で有名なラパ・ニュイは、復活祭(イースター)の日にオランダ人探検家によって発見されたため、イースター島という名前でも知られています。  ラパ・ニュイでは6世紀ごろから長耳族によってモアイ像が作られはじめました。最初は5~7mほどでしたが、短耳族が移住してくると10mを超える巨大なモアイ像も作られるようになり、最大のものでは20mを超えるモアイ像もあります。  長耳族と短耳族は協力しながら巨大なモアイ像を建設していましたが、16世紀ごろの人口の増加や環境の悪化で食糧難になると、長耳族と短耳族の間で争いが起こり、互いに相手のモアイ像を倒しあう「フリ・モアイ」が行われました。そうして多くのモアイ像が倒され、さらに18世紀になるとモアイ像を信仰する貴族階級からマケマケ神を信仰する戦士階級に権力がうつったため、モアイ像は作られなくなりました。  現在、ラパ・ニュイには887体のモアイ像が残されています。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方