▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『メテオラの修道院群』(ギリシャ共和国) 】
『メテオラの修道院群』(ギリシャ共和国)
「メテオラ」とは、ギリシャ語でどういう意味でしょうか?(ギリシャ共和国)

【 1 】 幻想的な
【 2 】 謎に満ちた
【 3 】 岩にしがみついた
【 4 】 中空に浮く

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 4 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 80 %

解説
「メテオラ」とは、ギリシャ語で「中空に浮く」という意味です。ギリシャ北西部にあるピンドス山脈のふもとに広がるテッサリア平原のメテオラは、高さ20~400メートルにもおよぶ尖塔状の岩塊と、岩山の上に築かれたギリシャ正教の修道院が立ち並ぶ場所。景観を表した言葉が、そのまま地名となりました。 世俗の生活を断ち、神への祈りと瞑想に没頭することを願ったギリシャ正教の修道士たちが、11世紀頃に住み始め、14世紀頃から岩山の上に修道院を築きました。最盛期には24棟の修道院がありましたが、現在活動しているのは6つのみです。自然景観と修道院が評価され、複合遺産に登録されています。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方