▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『イエス生誕の地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路』(パレスチナ) 】
『イエス生誕の地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路』(パレスチナ)
イエスの生誕を祝いフランスで食べられるケーキは何でしょうか?

【 1 】 ガレット・デ・ロワ(王様たちのガレット)
【 2 】 ガレット・ドゥ・イエス(イエスのガレット)
【 3 】 クレーム・ドゥ・ネサンス(誕生のクリーム)
【 4 】 クレーム・レゼグリーズ(教会のクリーム)

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 1 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 48 %

解説
昨年(2012年)、イエスが生まれた場所に建てられた聖誕教会が世界遺産登録されました。フランスでは新年になると、イエスの誕生(降誕)を祝う「公現祭」があります。この公現祭のお菓子として有名なのが「ガレット・デ・ロワ」です。直訳すると「王様たちのガレット」ですが、ここでの「ロワ」は王様ではなく、「東方の三博士」を指します。「東方の三博士」は、星に導かれてベツレヘムの馬小屋を訪れ、イエスの降誕を「新しいユダヤの王(救世主)」として祝福しました。一方で、救世主の誕生を恐れたユダヤのヘロデ王は、幼子の誕生を知らせるよう国中に命じますが、夢のお告げを聞いた「東方の三博士」は、ヘロデ王を避け、幼いイエスを救いました。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方