▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『伝説の都市トンブクトゥ』(マリ共和国) 】
『伝説の都市トンブクトゥ』(マリ共和国)
トンブクトゥにあったものは何でしょうか?

【 1 】 世界最古の石油採掘所
【 2 】 世界最古の天体観測所
【 3 】 アフリカ大陸最初の病院
【 4 】 アフリカ大陸最初の大学

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 4 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 47 %

解説
トンブクトゥは、13世紀にマリ帝国の下で金や岩塩の交易地として栄え、15世紀中頃にはソンガイ帝国の下でイスラム教の都市として発展しました。多くのモスクやマドラサ(イスラム教の教育施設)が作られ、アフリカ大陸最初の大学といわれるサンコーレ・モスク=写真=では、最盛期には2万5000人もの学生が学んでいました。
2012年の世界遺産委員会の最中にイスラム武装勢力の一派がトンブクトゥの霊廟などを破壊したため、危機遺産リストに記載されると同時に、イスラム武装勢力に対する非難声明も出されました。サンコーレ・モスクなどに残されていた貴重な古文書や写本は、イスラム武装勢力からのトンブクトゥ解放後、無事が確認されています。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方