▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『アルベロベッロのトゥルッリ』(イタリア共和国) 】
『アルベロベッロのトゥルッリ』(イタリア共和国)
『アルベロベッロのトゥルッリ』の、円すい状の石屋根が取り外し可能となっている理由として、考えられているものは次のうちどれか。(【3級問題】2012年7月検定)

【 1 】 日光浴のため
【 2 】 引越しのため
【 3 】 節税対策のため
【 4 】 室内の換気のため

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 3 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 63 %

解説
アルベロベッロのトゥルッリは16世紀~17世紀にかけて、開拓農民用の住居としてつくられました。壁は石灰岩の切石を積み重ね、漆喰で白く塗り固められていますが、屋根部分は平らな石を積み重ねただけです。当時は「漆喰で塗装された屋根のある部屋」に課税されていたため、住民は徴税人が来ると屋根を取り外して「家ではない」と主張したといいます。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方