▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』(日本) 】
『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』(日本)
富士山の山頂は誰のものでしょうか?

【 1 】 日本国
【 2 】 天皇家
【 3 】 富士山本宮浅間大社
【 4 】 伊勢神宮

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 3 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 66 %

解説
富士山=写真=の八合九勺(3360m)以上は、静岡県富士宮市にある富士山本宮浅間大社の、飛び地の奥宮境内地になっています。江戸時代に徳川家康から富士山本宮浅間大社に寄進されましたが、明治維新の時に国有地になりました。1974年に最高裁の判決で富士山本宮浅間大社のもとに戻ることになりましたが、富士山山頂が静岡県のものか山梨県のものか決まっていないために、2004年まで富士山本宮浅間大社の手元に戻るのが遅れてしまいました。
今年、富士山は『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』という名前で世界遺産登録されました。そこには富士山本宮浅間大社や富士五湖、三保松原などが含まれています。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方
第28回 世界遺産検定 お申込締切迫る!!