▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』(日本)【2】 】
『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』(日本)【2】
日本で初めて富士山を登った女性はどんな姿だったでしょうか。

【 1 】 スカートをはいていた
【 2 】 はだしだった
【 3 】 ちょんまげを結っていた
【 4 】 十二単だった

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 3 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 38 %

解説
富士山は平安時代のころから聖なる山として信仰の対象となってきました。現在では女性も登ることが出来ますが、明治時代までは女性が入ることの出来ない「女人禁制」の山でした。江戸時代に初めて富士山に登った女性は、女性であることがばれないように、ちょんまげを結って男装して登ったと伝えられています。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方