▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 ナスカとフマーナ平原の地上絵(ペルー共和国)文化遺産 】
ナスカとフマーナ平原の地上絵(ペルー共和国)文化遺産
ナスカの地上絵に描かれているのは何でしょうか?

【 1 】 宇宙飛行士
【 2 】 消防士
【 3 】 警察官
【 4 】 大学教授

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 1 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 81 %

解説
 太平洋とアンデス山脈に挟まれたナスカとフマーナ平原には、700以上の巨大な地上絵が描かれています。地上からは全体を見ることのできないほど大きな絵は、20世紀初頭から、この地を飛行するパイロットの間では有名でした。ナスカ文化を築いた人々が、紀元前2~紀元7世紀ごろに描いたと考えられていますが、地上から見えないほどの大きな絵の描き方や、何のために描いたのかなど、まだまだ多くの謎に包まれています。

 地上絵はサルやコンドル、ハチドリ=写真=などのほか、神の使いと考えられた5本指(奇形)のイヌ(もしくはジャッカル)の絵や、宇宙飛行士と呼ばれる頭を円く囲った人物の絵などもあります。そのほかにも、直線や渦巻きなどの図形も残されています。

 この地域は、黄土色の地層の上に5~10cmほどの黒い小石や土の層が乗っており、黒い表面を削って黄土色の地層を見せるだけで、くっきりとした地上絵を描くことができました。また年間の降水量が10mm以下なので、描きえずに残っています。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方
第28回 世界遺産検定 お申込締切迫る!!