世界遺産アカデミーユネスコスクール
世界遺産検定

校現場でのESDの取り組み	事例

ユネスコスクールの活動を中心とした、学校現場でのESDの取り組み 事例を紹介します。

ユネスコスクールの説明はこちらをご覧ください。

  • 多摩市立東愛宕中学校冨田広 校長
  • 多摩市立東愛宕中学校 冨田広 校長

「人と人」「人と社会」「人と自然」――“つながり”を柱にESDを推進 ESDと学校教育、目指しているところは同じ 多摩市立東愛宕中学校 冨田広 校長

「人と人」「人と社会」「人と自然」――“つながり”を柱にESDを推進

ESDと学校教育、目指しているところは同じ

ESDを推進し、ユネスコスクールにも小・中全校登録を申請している多摩市。中でも御校は積極的に活動されています。ESDやユネスコスクールに着目した経緯を教えてください。

ESDの概念や活動内容を聞いた時、今まで本校でやってきたこととつながっていると思いました。学校教育の目的は「生きる力を育てること」です。未来の主役となる青少年にとって、「生きる力」とは「持続可能な社会を切り拓く」ということであり、ESDの概念と重なります。ということは「まったく新しいことをやる」と気負う必要はないのではないかと考えました。今までやってきたことや、これからやろうとしていることを「価値付け」「意味づけ」するためにESDという枠組みを活用していこう。そう考えたことが積極的な活動につながっていると思います。

そして意味づけとして3つのつながり「人と人」「人と社会」「人と自然」を位置づけました。ESD推進をきっかけにユネスコスクールにも参加しましたが、これもひとつのつながりの結実ですね。「ユネスコ」と聞くと、「国際理解教育」が連想されがちですが、一足飛びに「世界」を意識した取り組みをする必要は必ずしもないのではないでしょうか。地域、郷土、日本という具合に、身近な社会とつながりをもてる取り組みを行っていくことで、ごく自然に生徒の視界が「世界」というところまで広がっていくのではないかと考えています。

「エコバッグ作成や海外との共同壁画制作を通じて“つながり”が連鎖していくことを実感

ESDの取り組みについて教えてください。

地域の方の絵手紙をエコバックに。「地球と人」「人と人」とのつながりが“輪”になった!
地域の方の絵手紙をエコバックに。「地球と人」「人と人」とのつながりが“輪”になった!

2つの例を挙げさせていただきたいと思います。ひとつは「東日本大震災復興支援 エコバッグに関する取り組み」です。ESDの一環として「緑のカーテンプロジェクト」に参画し、収穫したゴーヤを地域の方にお配りしたところ、お礼の絵手紙をいただきました。この手紙を美術の大塚先生と生徒会でエコバッグにデザインしたのです。この活動の最中に東日本大震災が勃発しました。手助けがしたいという生徒の熱い思いのもと、バッグ配布の際に募金を募ったところ、この取り組みが多摩市全域に広がりました。エコ活動という「人と自然」のつながりを意識した取り組みから、「人と人」(生徒と地域住民)「人と社会」(生徒と地域、日本)のつながりを深める取り組みに発展したというわけです。教職員にとってもESDの概念を実感した取り組みとなりましたね。

もうひとつは、JAM(ジャパンアートマイル)によるアゼルバイジャンの中学生との壁画共同制作です。選択科目で美術を履修している生徒が、壁画の半分に「玩具」という切り口から日本を紹介する絵を描きました。現在、もう半分にアゼルバイジャンの中学生が絵を描いており、共同で1枚の壁画を制作します。もうすぐ完成です。制作過程で生徒たちは、郷土や日本を学ぶとともに、アゼルバイジャンという異国について興味関心をもつことができました。身近な社会から海外へと意識がつながっていく好例ではないでしょうか。

教員のESDの理解を高め、身近にできる取り組みからESDを実践する

今後の取組方針などについて教えてください。

アゼルバイジャンとの共同壁画制作に勤しむ生徒たち。「日本の玩具」をテーマに筆をふるった。
アゼルバイジャンとの共同壁画制作に勤しむ生徒たち。「日本の玩具」をテーマに筆をふるった。

エコバッグプロジェクトや共同壁画作成などで力を発揮していただいた大塚先生をはじめ、3人の教職員がESDに関する海外視察に参加しました(次年度、さらに1名が参加予定)。それぞれが得た気づきを実践で取り入れ、ESD推進に力を入れてもらうことが狙いです。またユネスコスクールがご縁で「世界遺産教育」のことを知ることができましたので、この切り口からの取り組みも模索していければとも考えています。

大切にしたいのは、身近なことから始めること。国際理解教育にしても、環境教育にしても、概念から発想すると腰が引けますし(笑)、生徒も実感が得にくいと思うのです。そうでなく「人と人とのつながり」を意識し、地に足の着いた「人の匂い」のする取り組みから始めていきたいですね。こうしたところからスタートして生まれたつながりが次のつながりを呼ぶ・・・・・・ごく自然な形でESDやユネスコスクールの概念を実践し、持続可能な社会へ向けての行動ができればいいのではないかと考えています。

大塚先生

ACCU(国際教育交流事業)による海外視察に参加し、アメリカでESDを推進している学校の視察などを経験しました。多くの気づきがあると同時に、自分がどのような形でこの取り組みに参画していくのか、考えるきっかけになりました。その結果、美術を教える者として思いや取り組みを“カタチ”にして人に伝える、という切り口で貢献したいと考えています。「エコバッグ」にしても「壁画」についてもその実践です。こうした機会をさらに創りだしていきたいですね。

(2012年3月)

ページトップ