世界遺産検定 認定者の声

世界遺産検定2級認定 増田 椋太さん

認定級3級
増田 椋太さん(10代)

千葉商科大学付属高校 2年生

世界遺産を学ぶ授業が楽しい!3級合格で自信がつきました

―― 高校の選択科目で世界遺産を学び、3級に合格した増田さん。授業を選択した理由は?

僕が通う千葉商科大学付属高校では、2年からの選択科目である「地歴総合」の授業で世界遺産を学び、検定にも挑戦する授業が展開されています。僕はTVの旅バラエティー番組が好きなのですが、よく「世界遺産」が紹介されるので、興味を持ってこの科目を選択しました。世界遺産の登録基準などを学ぶ「基礎知識」は難しかったですが、各世界遺産について学びはじめると、勉強がどんどん楽しくなってきました。写真や映像でよく紹介される「マチュ・ピチュ」や、中学で少し習った「万里の長城」とか、他の人よりちょっと詳しくなっているという感じも嬉しかったです。

―― 合格の感想は?世界遺産を学んでよかったこと、今後の挑戦計画なども教えてください。

「日光に行ったことがあるのですが、世界遺産のことを知らなかったので東照宮は観なかったんです。次の機会には絶対観ます!」
「日光に行ったことがあるのですが、世界遺産のことを知らなかったので東照宮は観なかったんです。次の機会には絶対観ます!」

2011年12月に3級に挑戦しました。1ヵ月くらい前から、検定対策として先生が作った問題を解いて答え合わせをする、ということを何度も繰り返しました。勉強はあんまり好きじゃないんですが(笑)、楽しかったので他教科よりも真剣にやりました。試験の雰囲気に慣れるために「プレテスト」も実施していただいたので、本番は落ち着いて臨めたと思います。授業で「3級合格者」として名前が読みあげられた時、クラスの仲間たちは「え~!お前が!」といった反応をしていました(笑)。照れくさかったけど、ちょっと自信が付きました。

世界遺産の勉強をしていることで、TV番組を観ていても興味がさらに深まるし、世界遺産のことを家族と話せたりするのも楽しいです。行ってみたいところもいっぱいできました!ひとつ挙げるとすれば「琉球王国のグスク」。那覇や海だけじゃない沖縄の魅力を感じたいです。
今は2級合格に向けて勉強中です。できれば勉強を続けて、将来は知識を活かせるような仕事につけたらいいなぁと思っています。

(2012年3月)

▲ ページトップ

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方