よくある質問 実施級について

マイスターマイスター

マイスターの受検資格を教えてください。
1級以上の認定者に受検資格があります。
マイスターの概要を教えてください。
論述形式で、3題120分の試験です。認定基準は非公開です。受検者の3割~5割が合格しています。年に2回(7月、12月)実施されており、受検後約1ヶ月で結果を確認することができます。出題範囲は世界遺産全件です。
受検にかかる費用はいくらですか?
受検料は19,000円(税込)です。
学習ツールを教えてください。
過去4開催分のマイスター試験の講評と学習方法を紹介しています。
詳細はこちら 詳細はこちら
どんな人が受検していますか?
世界遺産の魅力を世の中に発信したい方、NPO法人 世界遺産アカデミーの認定講師として活躍したい方などが受検しています。俳優で弁護士の本村健太郎さんもマイスター認定者です。
認定されると何がもらえるのですか。
認定者には結果通知に認定カードとマイスターバッチが同封されます。またマイスター認定者はNPO法人 世界遺産アカデミーが主催する認定講師研修に参加できます。

▲ ページトップ

1級1級

1級の受検資格を教えてください。
2級以上の認定者に受検資格があります。
1級の概要を教えてください。
マークシート形式で、90問90分の試験です。合格点は200点満点中140点以上、受検者の2割~3割が合格しています。年に2回(7月、12月)実施されており、受検後約1ヶ月で結果を確認することができます。出題範囲は世界遺産全件で対応教材から8割出題されます。
受検にかかる費用はいくらですか?
受検料は9,700円(税込)です。1級対応教材(上下巻)が各2,950円(税抜)で、あわせて15,600円(+教材分の税)になります。その他、過去問題集1,500円(税抜)や無料の学習動画、Web講座などの学習ツールをご用意しています。
学習ツールを教えてください。
どんな人が受検していますか?
世界遺産の専門知識が必要になる旅行業界の方、旅行業界への就職を希望している方、2級合格者でもっと知識を深め世界遺産を究めたい方、世界遺産の難問に挑戦したい方、文部科学大臣賞が欲しい方、マイスター(受検資格が1級認定以上)を目指している方などが受検しています。俳優の鈴木亮平さんも1級認定者です。
勉強期間を教えてください。
2級認定後、学習を継続して次の検定で1級にチャレンジする方や、2級合格後、3ヶ月~半年後に挑戦する方などさまざまです。何度か挑戦して認定される方もいます。
認定されると何がもらえるのですか。
認定者には結果通知に認定カードが同封されます。また最高得点の方には「1級最優秀賞」が授与され、185点以上の場合は文部科学大臣賞が授与されます。

▲ ページトップ

2級2級

2級の受検資格を教えてください。
どなたでも受検できます。
2級の概要を教えてください。
マークシート形式で、60問60分の試験です。合格点は100点満点中60点以上、受検者の4割~5割が合格しています。年に4回(3月、7月、9月、12月)実施されており、受検後約1ヶ月で結果を確認することができます。出題範囲は日本の全遺産+世界の代表的な遺産300件で対応教材から8割出題されます。
受検にかかる費用はいくらですか?
受検料は5,500円(税込)です。2級対応教材が2,000円(税抜)で、あわせて7,500円(+教材分の税)になります。その他、過去問題集1,500円(税抜)や無料の学習動画、Web講座などの学習ツールをご用意しています。
学習ツールを教えてください。
どんな人が受検していますか?
エントリーシートや履歴書に記載できる資格のため就職活動をされている方(3級よりも2級のほうがよりアピールできます)、旅行業界の方(評価の対象になる企業があります)、世界遺産の知識をお持ちで少し手応えのある問題に挑戦してみたい方、3級合格者でもっと知識を深めたい方、1級(受検資格が2級認定以上)を目指している方などが受検しています。お笑い芸人ハイキングウォーキングの松田洋昌さんも2級認定者です。
勉強期間を教えてください。
1ヶ月の方が多いです。(受検者アンケート調べ)
認定されると何がもらえるのですか。
認定者には結果通知に認定カードが同封されます。また最高得点者のうち最年少の方には「2級最年少最優秀賞」が授与されます。

▲ ページトップ

3級3級

3級の受検資格を教えてください。
どなたでも受検できます。
3級の概要を教えてください。
マークシート形式で、60問50分の試験です。合格点は100点満点中60点以上、受検者の7割~8割が合格しています。年に4回(3月、7月、9月、12月)実施されており、受検後約1ヶ月で結果を確認することができます。出題範囲は日本の全遺産+世界の代表的な遺産100件で、対応教材から9割出題されます。
受検にかかる費用はいくらですか?
受検料は4,500円(税込)です。対応教材が1,450円(税抜)で、あわせて5,950円(+教材分の税)になります。その他、過去問題集1,200円(税抜)や無料の学習動画などの学習ツールをご用意しています。
学習ツールを教えてください。
どんな人が受検していますか?
国公私立大・短期大学のAO・推薦入試において評価対象となっているため高校生の方、エントリーシートや履歴書に記載できる資格のため就職活動をされている方、はじめて世界遺産検定の受検を考えていてどの級を受けようか迷っている方、4級合格者でもっと知識を深めたい方などが受検しています。女優の磯山さやかさんも3級認定者です。
勉強期間を教えてください。
1週間~1ヶ月の方が多いです。(受検者アンケート調べ)
認定されると何がもらえるのですか。
認定者には結果通知に認定カードが同封されます。また最高得点者のうち最年少の方には「3級最年少最優秀賞」が授与されます。

▲ ページトップ

4級4級

4級の受検資格を教えてください。
どなたでも受検できます。
4級の概要を教えてください。
マークシート形式で、50問50分の試験です。合格点は100点満点中60点以上、受検者の8割以上が合格しています。年に4回(3月、7月、9月、12月)実施されており、受検後約1ヶ月で結果を確認することができます。出題範囲は日本の全遺産+世界の有名な遺産27件で対応教材から9割出題されます。
受検にかかる費用はいくらですか?
受検料は3,000円(税込)です。4級対応教材が1,000円(税抜)で、あわせて4,000円(+教材分の税)になります。その他、過去問題集1,200円(税抜)や無料の学習動画、Web講座などの学習ツールをご用意しています。
学習ツールを教えてください。
どんな人が受検していますか?
国公私立大・短期大学のAO・推薦入試において評価の対象となっているため高校生の方、対応教材はフリガナ付きでイラストを多く使ったり英語のコーナーなどもあるため小学生や中学生の方、いちから世界遺産を知りたい方などが受検しています。
勉強期間を教えてください。
1週間~1ヶ月の方が多いです。(受検者アンケート調べ)
認定されると何がもらえるのですか。
認定者には結果通知に認定カードが同封されます。また最高得点者のうち最年少の方には「4級最年少最優秀賞」が授与されます。

▲ ページトップ

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方
スマートフォン版で表示