高校でのメリット

社会科教材の補助として、総合学習や特別授業で、あるいは修学旅行の事前学習で・・・現在、世界遺産学習が、さまざまな形で少しずつ高校の現場に取り入れられつつあります。
それは、世界遺産が「平和」「環境」「国際理解」といった現代社会にとって重要なテーマをいくつも含んだ、楽しく魅力的な素材であるからです。

学内で受検できる

いつも授業を受けている教室で世界遺産検定を受検できます。生徒にとっては交通費の負担がなく、友人と共に学習の情報共有ができるメリットもあります。担当者様には受検結果一覧を送付致しますので、生徒の学習成果を把握することができます。

推薦入試で有利な世界遺産検定

世界遺産検定の目的や意義を認め、世界遺産検定の認定級を持つ受験生に対して、入試での優遇措置をとる大学が増えてきています。また大学入試やセンター試験などでも世界遺産に関する問題が増えてきています。

真の国際人を育てる

高校生にとって、たとえば<きれいな><大きな>観光地にしか見えていなかった外国の建物も、世界遺産登録の理由を知れば、固有の歴史や文化、伝統に支えられていることに気づき、感動を覚えずにはいられないはずです。そのような感動は多様な価値観への興味と理解につながり、ビジネスにおいて深いコミュニケーションが可能な、真の国際人を育てます。

団体受験お申込み・お問い合わせ

▲ ページトップ

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方