▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『福建土楼群』(中華人民共和国) 】
『福建土楼群』(中華人民共和国)
福建土楼の特徴として、正しいものはどれでしょうか?

【 1 】 上層階にいくほど部屋が広い
【 2 】 全ての部屋が同じ広さである
【 3 】 部屋と部屋の間に壁がない
【 4 】 全ての部屋に風呂がある

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 2 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 61 %

解説
福建省の土楼は12~20世紀に作られた集合住居=写真=で、世界遺産に登録されている46の土楼の中には、最大で800人もの人々が共同生活を送っている土楼もありました。全ての部屋が同じサイズ、同じ扉や窓で作られており、風呂や洗面所、井戸などは共同使用するなど、どの家族にも平等な作りになっていました。 福建省南西部に点在している福建土楼は、3~5階建ての長方形か円形の建築物で、共同生活と防衛を行うのにふさわしい伝統的建築として2008年に世界遺産登録されました。2メートル近くある厚い土壁に囲まれた外壁には、入り口がひとつしかないものも多く、12~19世紀ころに多発した盗賊から共同体を守る意味もありました。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 受験者専用マイページログイン 検定の申込・検定結果の確認はこちら