▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『ウィーンの歴史地区』(オーストリア共和国) 】
『ウィーンの歴史地区』(オーストリア共和国)
チョコレートケーキとして有名な「ザッハートルテ」を生み出した菓子職人ザッハーの故郷であるウィーン、中心部にある国立歌劇場のこけらおとしで演奏されたのは何でしょうか?

【 1 】 ワーグナーの『タンホイザー』
【 2 】 プッチーニの『蝶々婦人』
【 3 】 ヴェルディの『椿姫』
【 4 】 モーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 4 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 51 %

解説
オーストリア共和国の首都であるウィーンの中心部は『ウィーンの歴史地区』として世界遺産登録されています。19世紀半ばには、フランツ・ヨーゼフ1世が都市の大改造を行いました。旧市街を囲っていた城壁は取り壊されて、その跡地にリンクシュトラーセと呼ばれる環状道路が築かれ、周囲にはネオ・ルネサンス様式の国立歌劇場や、ゴシック・リバイバル様式の市庁舎など新たな公共建築が次々に建てられました。 ウィーンは文化交流の地としても栄え、モーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』が国立歌劇場のこけらおとし(初めての公演)で演奏されたり、新大陸からヨーロッパに伝わったチョコレートを用いたケーキ「ザッハートルテ」をウィーン出身のフランツ・ザッハーが考案するなど、文化都市としての魅力もあります。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方