▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『要塞都市クエンカ』(スペイン) 】
『要塞都市クエンカ』(スペイン)
クエンカの特徴を示す呼び名は何でしょう?

【 1 】 空飛ぶ魔法をかけられた街
【 2 】 魔法使いが一夜で築いた街
【 3 】 千本の柱が立つ街
【 4 】 天国に最も近い街

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 1 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 31 %

解説
スペインのラ・マンチャ地方に位置するクエンカは、要塞として標高約900mの断崖の上に築かれました。その後の人口増加と共に様々な建造物が所狭しと建て増しされていったため、下から見上げると頂の上に街が張り付いているように、まるで街が宙に浮かんでいるように見えます。実際に崖から飛び出した「宙つりの家=写真=」などもあり、「空飛ぶ魔法をかけられた街」とも呼ばれています。 クエンカは、現在はキリスト教の街ですが、9世紀にイスラームの王朝である後ウマイヤ朝によって築かれました。その後300年近くイスラーム文化圏であったため、大聖堂の内部にイスラームの装飾様式の影響が見られるなど、街にはイスラームの文化がよく残っています。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 受験者専用マイページログイン 検定の申込・検定結果の確認はこちら