新発売! 『世界遺産で取り組む探究学習 自ら考えるための26の事例』

世界遺産の視点から現代の社会や自分の将来を考える探究学習教材!

いま求められている新しい学習の形「探究学習」

学校での学びは、今まさに大きく変化しようとしています。知識を習得し与えられた課題について考えるこれまでの学びから、自分で課題を設定してその解決を考える上で必要な知識を自ら集め、積極的に社会や世界へと関わっていく学びへの変化です。そうした学びが「探究」です。(「はじめに」より)

世界遺産と探究学習

皆さんに多くのヒントを与えてくれるのが世界遺産です。世界遺産は、人類の歩みや英知の積み重ねです。人類や地球の歴史の中には数多くの課題があり、それを解決してきた証としての世界遺産があります。またその世界遺産も、新たな課題や危機に直面しています。世界遺産を通して、課題について考え解決方法を探ることで、自分の身近な課題にも気が付くことがあると思います。(「はじめに」より)

本書の特徴

26の世界遺産を通して探究学習を行う実践型ワークブックです。実際に手を動かしながら探究学習を深めることができるほか、それぞれに例が示されているため、例を基にしながら学習を進めることができます。
また、自ら考えた課題の解決をSDGsの課題と結び付けて考え、最後には発表を通してアウトプットすることで、自分が暮らす社会とつながる学びとなります。

目次とページサンプル

世界遺産で取り組む探究学習
自ら考えるための26の事例

発売日:2020年12月27日
定価:本体1,000円+税
体裁:A4判・72ページ

amazonで購入する
マイナビBOOKSで購入する

お問合わせはこちら

世界遺産検定事務局
TEL:0120-804-302
受付時間10:00~17:00、土日祝休み

 メールでの問合せはコチラ >