研究員ブログ

■ 研究員ブログ157 ■ ノートル・ダム大聖堂の再建で真正性はどうなる?

大変なのはここからです。エマニュエル・マクロン大統領は、5年後の2024年にパリで開催されるオリンピックまでに再建すると宣言しましたが、かなり難しいのではないかと思います。どのような方法やデザインで…

■ 研究員ブログ156 ■ ノートル・ダム大聖堂の火災は、なぜあんなにもフランス国民にショックを与 えたのか

初めてフランスを訪れた時、空港でフランス語は通じないし市内へのバス乗り場にバスは来ないし、もうぐったりした状態で空が暗くなったパリに到着しました。でも若かったのでしょうね、荷物だけホテルに置くと、セ…

■ 研究員ブログ155 ■ 世界で唯一の展覧会「ル・コルビュジエ絵画から建築へ-ピュリスムの時代」

平成最後の4月は、寒いですね。 東京では乱暴な風と雨によって 桜の季節が無理やり終わらせられたような感じがして ちょっと寂しくもあります。 現在、東京の上野にある国立西洋美術館では、 企画展「…

■ 研究員ブログ154 ■ 世界遺産とデモは関係ある?

ノエルも年の瀬も近づきつつあるのに、 フランスは大変なことになっていますね。 パリを中心としたデモだけでなく ストラスブールでのテロもあって、 なんだかフランスは治安が悪い国のようなイメージに…

■ 研究員ブログ153 ■ あなたのうちにも来訪神がやってくる、かも

2009年に無形文化遺産に登録されていた 鹿児島の「甑島(こしきじま)のトシドン」が拡大され、 秋田の「男鹿のナマハゲ」や沖縄の「宮古島のパーントゥ」など10件が 「来訪神 仮面・仮装の神々」と…

■ 研究員ブログ152 ■ パリのセーヌ河岸の光りと影とは?

移転というと、東京都の中央卸売市場の 豊洲移転が注目を集めていますが、 この「研究員ブログ」も世界遺産アカデミーの公式HPから 世界遺産検定の公式HPへと移転しました。 世界遺産アカデミー…

研究員ブログ「No.1~ No.151」はこちらから