▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『ヴォルビリスの考古遺跡』(モロッコ王国) 】
『ヴォルビリスの考古遺跡』(モロッコ王国)
ヴォルビリスが廃墟となった理由は何でしょうか?

【 1 】 魔女狩り
【 2 】 十字軍の遠征
【 3 】 大干ばつ
【 4 】 大地震

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 4 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 43 %

解説
モロッコ北部のヴォルビリス=写真=は、古代ローマ時代に発展し、モロッコ最大のローマ都市として栄えました。その後イスラム国家イドリース朝の首都となりましたが8世紀に衰退し、18世紀のリスボン大地震の被害により廃墟となりました。ポルトガルのリスボン沖を震源とするリスボン大地震は、マグニチュード8.5~9ほどもあったとされます。 先史時代から集落の存在していたこの地は、かつて「ワリーリ(月桂樹)」と呼ばれており、ローマの支配下に入ると小麦やオリーブなどを栽培する農業都市となりました。3世紀末にローマ帝国が街から撤退した後は、ベルベル人の言葉で「夾竹桃」を意味するヴォルビリスと呼ばれるようになりました。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 受験者専用マイページログイン 検定の申込・検定結果の確認はこちら