▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『ポポカテペトル山麓の16世紀初期の修道院群』(メキシコ合衆国) 】
『ポポカテペトル山麓の16世紀初期の修道院群』(メキシコ合衆国)
先住民にキリスト教が受け入れられやすいようなされた工夫は何でしょうか?

【 1 】 イエスに先住民のような名前をつけた
【 2 】 先住民の宗教とキリスト教を融合させた
【 3 】 修道院に壁がなかった
【 4 】 中庭や屋外に礼拝施設があった

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 4 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 25 %

解説
16世紀に修道院が建設された当時、先住民は屋外で宗教儀式を行う習慣がありました。先住民が新しい宗教であるキリスト教を受け入れやすくするため、儀式を中庭や屋外で執り行うことが出来るようなパティオ構造の礼拝堂などが作られました。 メキシコ中央高原にあるポポカテペトル山麓には、16世紀に建設されたキリスト教の修道院群が残っています。コルテスがテノチティトランを征服してアステカ帝国を滅ぼした後、ポポカテペトル山麓のクエルナバカに修道院が築かれ、キリスト教布教の拠点となりました。その後、一帯には修道院が次々と築かれ、16世紀末にはその数が300を超えたとも言われます。世界遺産にはそのうち14件が登録されています。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方