▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『トゥバッタハ岩礁自然公園』(フィリピン共和国) 】
『トゥバッタハ岩礁自然公園』(フィリピン共和国)
最近の漁で用いられている道具で、環境破壊が懸念されているものは何でしょうか?

【 1 】 鉛の釣り針
【 2 】 ダイナマイト
【 3 】 化学繊維の釣り糸
【 4 】 ライフル銃

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 2 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 31 %

解説
トゥバッタハ岩礁国立海洋公園では近年、ダイナマイトを使って魚を殺したり気絶させ、水面に浮き上がった魚を取るダイナマイト漁が行われていて、サンゴ礁などの生態系への影響が心配されています。ダイナマイトを使うと、サンゴ礁が衝撃で死んでしまい、海洋生物の生態系も壊されてしまうため、フィリピン政府は保護を進めています。 大小ふたつの岩礁を中心とするトゥバッタハ岩礁国立海洋公園は、東南アジア最大のサンゴ礁が広がるフィリピン唯一の国立海洋公園です。2009年に登録範囲が当初の3倍近くの968平方kmまで拡大された世界遺産登録範囲内には、マンタやチョウチョウウオなど500種ちかい魚類がくらす、海洋性動植物の宝庫となっています。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方