▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『ムザブの谷』(アルジェリア民主人民共和国) 】
『ムザブの谷』(アルジェリア民主人民共和国)
ムザブの谷の都市景観から影響を受けた建築家は誰でしょうか?

【 1 】 アントニ・ガウディ
【 2 】 ル・コルビュジエ
【 3 】 ギュスターヴ・エッフェル
【 4 】 安藤忠雄

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 2 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 50 %

解説
ムザブ族のベージュやターコイズブルーに彩られた都市景観は「キュビスム的」とも形容され、近代ヨーロッパの建築家たちに大きな影響を与えました。「国立西洋美術館」の設計で知られるスイス出身の建築家ル・コルビュジエは、「インスピレーションが枯渇するたびに、私はガルダイヤ=写真=への航空券を買う」と語り、たびたびガルダイヤを中心とするムザブの谷を訪れました。 ベルベル人の一派ムザブ族は、イスラム教の少数派であるイバード派を信仰していたため、9世紀頃ウマイヤ朝から迫害されこの地に城塞都市を築きました。ガルダイヤ、エル・アーティフ、ブー・ヌーラ、ベニ・イスゲン、メリカの5都市が世界遺産登録されています。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 受験者専用マイページログイン 検定の申込・検定結果の確認はこちら