2019年7月『隊商都市ペトラ』

2019年7月『隊商都市ペトラ』

『 “日本流ODA”で守る途上国の遺産 』

スピルバーグ監督が愛した砂漠の遺跡

写真①:「シーク」と呼ばれる巨大な岩の間の細い道 写真②:岩を彫り抜いてつくられた「アル・カズネ」
(画像提供:JICA)
 今回取り上げるのは中東の国、ヨルダンの世界遺産『隊商都市ペトラ』です。皆さんはこの遺産を知っているでしょうか? はてな……という人もいるかもしれません。『隊商都市ペトラ』が世界遺産検定のテキストに出てくるのは2級からですし、これまでに取り上げた遺産にくらべると知名度は劣るかもしれません。
 しかし、名前は知らなくてもこの遺産を目にしたことがある人は少なくないはずです。というのも、じつはペトラは映画『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』のロケ地のひとつになっているからです。ペトラは知らなくても「この映画は見た!」という方は少なくないのではないでしょうか。スティーブン・スピルバーグ監督による大ヒット・シリーズです。ハリソン・フォード演じる考古学者インディアナ・ジョーンズが古代の秘宝を求めてたどりつくクライマックスのシーンにペトラが登場します。この世界遺産はそんな映画の舞台にふさわしい、歩いているだけでワクワクするような古代オリエントの都市遺跡です。
 ペトラでもっとも冒険心をかきたてられるのが「シーク」という巨大な岩の隙間の細い道ではないでしょうか(写真①)。『インディ・ジョーンズ』でハリソン・フォードがここを走り抜ける姿を覚えている方もいるかもしれません。高さ80メートル断崖絶壁の間をぬって走る、全長1kmに及ぶシークを進んでいるだけで、古代の秘宝を探し求める“インディ”気分を味わえること間違いなしです。
 そしてシークを抜けると「アル・カズネ(宝物殿)」という壮麗な遺跡が現れます(写真②)。高さ40メートル超、赤褐色の巨大な岩を彫刻のように彫り抜いてつくられた、古代ギリシャやローマの神殿を思わせる建物です。しかし、そこには同時にエキゾチックな東方世界の血がかよっているのが見て取れます。建物を形づくるのはパルテノン神殿のように白いなめらかな大理石ではなく、砂漠のなかの薔薇色のごつごつした岩です。“古代の東方世界の伝統とヘレニズム建築が融合している”とユネスコの紹介文にはありますが、まさに東西の文化が美しく混じり合った遺産だといえます。

“日本流ODA”で守る途上国の遺産

 さて、このペトラで今年4月末に新しい博物館がオープンしました。遺跡で発掘された出土品などを展示する博物館です(写真③、④)。22台ものインタラクティブ・スクリーンや3D映像など最新の技術を使った展示が人気で、5月は1万2,000人の来場者がありました。
 このペトラ博物館ですが、じつは日本の政府開発援助(ODA)によってつくられたものです。国際協力機構(JICA)が7億8,380万円の無償資金協力契約をヨルダン政府と結んで建設しました。資金だけではなく技術協力もしており、日本がもつノウハウや技術力が随所に活かされています。
 ペトラ博物館を日本が支援した理由のひとつが、遺跡から発掘された貴重な遺物の保存体制を充実させることです。「これまでは遺跡からの発掘物がきちんと管理できていないという課題がありました。博物館をつくることで遺物の保存と修復を円滑に進めていくことができます」とJICA中東・欧州部の西田有一さんはいいます。ペトラでは貴重な発掘物がほこりをかぶっていたり、整理されずどこに何があるかわからないような状態がこれまであったそうです。博物館の建設によって収蔵設備を整えることで、発掘された遺物をしっかりと保存・修復し、後世に残していくことを目指しているといいます。
 また、遺産の価値を広く伝えることもJICAはペトラ博物館のミッションのひとつに掲げています。とくに伝統的な古い文化に関する知識がなくなってきているヨルダン人の若い層に対して、古くからペトラで育まれてきた文化を伝えていきたいそうです。そのための施策のひとつとして、体験型イベントを積極的におこなっています。これも日本のノウハウの利用といえるかもしれません。
写真③:4月末にオープンしたペトラ博物館
(画像提供:JICA)

写真④:ペトラ博物館は最新の展示設備が整っている
(画像提供:JICA)
 5月には地域の子供たち向けに、古くから生活のなかで利用されてきた、乳香の香りを体験するイベントを開きました(写真⑤)。世界遺産条約では教育・広報の重要性が明記されていますが、ただ場所やものを保存するだけでなく、それがもつ価値をきちんと伝えていくことが大切です。ペトラ博物館は、そうした教育・広報活動をおこなう場にもなっていきそうです。
 JICAとしては博物館の内容を充実させるために、今後もソフト、ハードの両面にわったて数多くの支援を行っていきたいといいます。“日本流”ともいえるきめ細かなODAを通じて途上国の遺産を守る活動が、これからもどんどん広がっていけばいいですね。
写真⑤:乳香の香りを体験するイベント
(画像提供:JICA)

(世界遺産検定事務局 大澤暁)

隊商都市ペトラ(アラブ諸国/ヨルダン・ハシェミット王国)
登録基準:(i) (iii) (iv)
登録年:1985年登録
登録区分:文化遺産

今月の遺産検定「隊商都市ペトラ」 今月の遺産検定「隊商都市ペトラ」

『隊商都市ペトラ』に関する例題

Q1.『隊商都市ペトラ』を築いたとされる民族として、正しいものはどれか。
    (2級レベル)
  1. ナバテア人
  2. グアラニ人
  3. サン族
  4. キトス族
Q2.『隊商都市ペトラ』にある、アラビア語で「宝物庫」を意味する名をもつ遺跡は何か。
    (2級レベル)
  1. ネクロポリス
  2. ジンフェルグラハト
  3. アル・カズネ
  4. アウグスタ・エメリタ
Q3.『隊商都市ペトラ』を首都とした王国として、正しいものはどれか。
    (1級レベル)
  1. パルティア王国
  2. シンハラ王国
  3. エラム王国
  4. ナバテア王国
今月の遺産検定「隊商都市ペトラ」 今月の遺産検定「隊商都市ペトラ」