▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『ガラパゴス諸島』(エクアドル共和国) 】
『ガラパゴス諸島』(エクアドル共和国)
ダーウィンがガラパゴス諸島に住む生き物を見て考え付いた理論は何でしょうか?

【 1 】 発育論
【 2 】 飼育論
【 3 】 愛護論
【 4 】 進化論

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 4 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 97 %

解説
南米大陸から西に1000キロメートルという隔絶された環境のため、ガラパゴス諸島の生物は独自の進化を遂げました。 同じ動物でも島ごとに少しずつ異なる特徴があるため、調査のためにここを訪れたイギリスの科学者ダーウィンは、動物たちはそれぞれの島の環境に合わせて異なる進化をしたと考え、のちに『種の起源』を書き「進化論」を唱えました。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方
第28回 世界遺産検定 お申込締切迫る!!