▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 ダマスカスの旧市街(シリア・アラブ共和国) 】
ダマスカスの旧市街(シリア・アラブ共和国)
ダマスカスが記述に登場する書物とは何でしょうか?

【 1 】 旧約聖書
【 2 】 史記
【 3 】 東方見聞録
【 4 】 敦煌文書

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 1 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 73 %

解説
ダマスカスは世界最古の都市のひとつで、『旧約聖書』にはアブラハムが旅の途中でこの地を訪れたと記されています。また、『新約聖書』ではキリストと聖母マリアの避難場所とされています。『旧約聖書』はユダヤ教とキリスト教の正典であるだけでなく、イスラム教でもその一部が啓典です。 メソポタミアとアラビア半島、地中海を結ぶ交通の要衝に位置するダマスカスは、さまざまな国家に支配されましたが、その間も商業都市として「砂漠のダイヤ」と呼ばれるほどに栄えました。現在も旧市街にはローマ時代の凱旋門やイスラム教のモスク=写真=、キリスト教の聖堂などが多く残っていますが、内戦の影響で2013年に危機遺産リストに記載されました。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方