▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『ポトシの市街』(ボリビア共和国) 】
『ポトシの市街』(ボリビア共和国)
ポトシの鉱山は「セロ・リコ」と呼ばれましたが、どういう意味でしょうか?

【 1 】 幸福の泉
【 2 】 銀の泉
【 3 】 富の山
【 4 】 黄金の山

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 3 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 46 %

解説
アンデス山脈の裾野、標高4,000mを超える高所に広がるポトシの市街=写真=は、1545年に世界最大級の銀鉱脈が発見されたのをきっかけに急速に発展し、鉱山は「セロ・リコ(富の山)」と呼ばれました。水銀を用いた効率的な銀の製錬法である「アマルガム法」が用いられ、17世紀半ばまでの約100年間で世界の銀産出量の約半分がこの地で産出されました。 銀鉱山によって爆発的に発展したポトシでは人口も急増し、17世紀前半には当時のヨーロッパ主要都市よりも多い16万人にも達していました。その繁栄を今に伝える王立造幣局や、スペインのバロック様式と先住民の文化が融合したメスティソ様式のラ・コンパニーア教会堂の鐘楼などが残されています。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 受験者専用マイページログイン 検定の申込・検定結果の確認はこちら