▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 『サガルマータ国立公園』(ネパール) 】
『サガルマータ国立公園』(ネパール)
「サガルマータ」や「エヴェレスト」の名で知られるこの山岳地域の、別の名前はどれでしょうか。

【 1 】 チョモランマ
【 2 】 ユングフラウ
【 3 】 マウナ・ロア
【 4 】 キリマンジャロ

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 1 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 86 %

解説
ネパール語で「世界の頂上」を意味するサガルマータは、英語では測量局初代長官の名前に由来するエヴェレスト、チベット語では「世界の母神」を意味するチョモランマと呼ばれています。標3500~5000m付近にはチベットから移住してきたシェルパ族が生活し、登山隊のポーターやガイドとして生計を立てていることでも有名です。

サガルマータ国立公園のあるヒマラヤ山脈には、世界最高峰サガルマータを始め、7000~8000m級の山々や氷河、渓谷が連なっています。約4500万年前に、インド亜大陸がユーラシア大陸と衝突し海底が隆起して作られたため、イエロー・バンドと呼ばれる地層ではアンモナイトの化石など海底の堆積層を見ることもできます。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方