▼バックナンバーはこちら

せかけん例題チャレンジ

【 近代建築の巨匠と世界遺産 】
近代建築の巨匠と世界遺産

 「国立西洋美術館本館」は2007年9月、暫定リストに追加登録されました。この建造物は近代建築の巨匠、ル・コルビュジエが設計を手掛けました。

さて、ここで問題です。

 そのル・コルビュジエによる設計ではない建造物は次のどれでしょう?



【 1 】 パリ大学都市のスイス館
【 2 】 パリのポンピドゥーセンター
【 3 】 ロンシャンの礼拝堂
【 4 】 マルセイユのユニテ・ダビタシオン

正解発表 解答を見る

正解は・・・
A. 【 2 】 答え合わせ中...
みんなの正解率: 32 %

解説

  「国立西洋美術館本館」は、世界に点在するル・コルビュジエの代表作品の中で、日本にある唯一の建築物です。1959年にル・コルビュジエが基本設計をまとめ、ル・コルビュジエに学んだ前川國男、坂倉準三、吉坂隆正が実施設計を担当しました。

国立西洋美術館本館は、フランスが申請国となり、各国に残るル・コルビュジエの建造物をまとめて登録申請した「ル・コルビュジエの建築と都市計画」の1件という位置づけになっています。

検定のお申込み・検定結果の確認

  • 個人受検の方
  • 団体受験の方